四日市市富田の「深水歯科医院」では、一般歯科・小児歯科・審美歯科・インプラント・ホワイトニングなど最新の歯科医療と安心のサービスを提供しております。

歯周病の検査

歯周病の検査

このページでは、歯周病の進行度を判断する検査法について説明をさせてもらいます。

歯周病がどの程度進行しているのかを調べるために、いくつかの検査方法があります。



歯周ポケットの測定

プローブと呼ばれる目盛りのついている細い棒のような器具を歯と歯ぐきの隙間に差し込み、
その深さと測定時の出血を調べます。

これによってどの程度歯周病が進行しているのかを把握します。

この器具が深い目盛りまで入れば、入るほど歯周病が進行しています。

具体的に歯のどの辺りに歯周病が進行しているのかチェックすることができます。

●歯周ポケットの深さによる歯周病の進行の目安

 3mm以内で出血なし:正常  
 3mm以内で出血あり:歯肉炎
 4,5mm      :軽度歯周炎         
 6,7mm      :中等度歯周炎
 8mm以上     :重度歯周炎

レントゲンによる検査

レントゲンで歯を支える骨の破壊具合を確認します。

骨のラインをチェックすることで、全体的な歯周病の進行具合をチェックすることができます。

●骨の吸収量(溶けている量)による歯周病の進行の目安

なし      :正常または歯肉炎
1/3以内    :軽度歯周炎
1/3~2/3  :中等度歯周炎
2/3以上    :重度歯周炎

歯の動揺度の検査

歯をピンセットでつまんで揺らしてみることで、歯周病の進行具合を確認します。

揺れが大きければ大きいほど、歯周病の進行が強いです。

☆これらの検査結果を総合して、歯周病の治療方針を決めます。

 その進行の度合いによって必要な治療は変わってきます。

歯周病について
歯周病の原因
歯周病の症状
歯周病の進行
歯周病の検査
歯周病の治療
歯周病のメンテナンス

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional