四日市市富田の「深水歯科医院」では、一般歯科・小児歯科・審美歯科・インプラント・ホワイトニングなど最新の歯科医療と安心のサービスを提供しております。

歯周病の原因

歯周病の原因

ここでは歯周病が起こる原因について説明をいたします。

歯周病はいろいろな要因が複雑に絡み合って、悪影響をなしているといわれていますが、
原因として一番に挙げられるのが歯周病菌による感染です。

歯周病は虫歯と同じように感染症です。周りの人からうつってきます。

歯周病はお口の中に歯周病の原因となる細菌が住み着いて、
その細菌の数が増えたり、活発に活動することによって引き起こされます。

その細菌が集まっているものがプラーク(歯垢)です。

プラーク(歯垢)がたくさん歯の周りについている人は
歯周病の原因菌もお口の中にたくさん住んでいるということになります。

そしてプラークが長い間取り除かれずに歯の周りに溜まっていると、やがて石のように固い歯石となります。

プラークは歯磨きで落とすことが出来ますが、歯石になるとがっしりと歯の周りにこびりついてしまうために歯ブラシでは落とすことができません。

そのため歯石の下の歯茎は歯ブラシを当てることもできず、歯石の裏側で歯周病の細菌が増殖する一方となってしまうのです。

細菌が付着した歯茎の周りでは、体が細菌を退治しようとして免疫反応がおこります。

この免疫反応によって、細菌と一緒に細菌の付着した粘膜は破壊されてしまうのです。

これが歯ぐきの炎症です。

そして、歯ぐきの炎症が進行すると徐々に炎症の範囲が広がり、歯を支えるあごの骨まで炎症がまわり、徐々にあごの骨も溶かされていきます。

こうなると、少しずつ歯を支える骨が溶けてしまうため歯ぐきが下がり、
歯が長く延びたように見えてきたり、歯が揺れてきたり、
最悪の状態ではグラグラになって抜けてしまう、というふうになってしまいます。

歯周病を悪化させるそれ以外の要因としては、「タバコ」「糖尿病」「歯に対する過剰な力」などがあります。

このようなものも歯周病をより一層悪化させるものと考えられています。

歯周病について
歯周病の原因
歯周病の症状
歯周病の進行
歯周病の検査
歯周病の治療
歯周病のメンテナンス

powered by Quick Homepage Maker 4.73
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional